2010年06月11日

忍者武器「苦無」を所持=製造会社社長を書類送検―改正銃刀法違反容疑・警視庁(時事通信)

 忍者が使ったとされる両刃の武器「苦無(くない)」を所持したとして、警視庁生活環境課などは7日、銃刀法違反容疑で、兵庫県三木市にある金物製造販売会社の男性社長(40)=同市=と、法人としての同社を書類送検した。購入した客1人も同容疑で書類送検した。
 同課によると、社長は容疑を認め、「法改正で所持できないとは知っていたが、もったいなくて壊せなかった」と供述。昨年1月から今年5月にかけ、苦無計109本を販売し、約51万円を売り上げた。同社から計58本を押収したという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕押収銃器〜ペンシル型拳銃から機関銃まで〜
交番に「拳銃よこせ」=包丁男を逮捕
トイレで男性拳銃自殺か=アクアラインPAで
改造拳銃11丁を所持=容疑で福岡県警警部補追送検
組事務所立ち退きで和解=暴追センター、ビル買い取りも

玄葉光一郎政調会長会見詳報(2)(産経新聞)
口蹄疫 宮崎県都城市で牛3頭が「疑い」 同市では初(毎日新聞)
財務副大臣に池田元久氏が内定(産経新聞)
鳩山内閣が総辞職(読売新聞)
「振り出しに戻るよりは…」「信用できない」前原国交相再任に八ツ場ダム地元(産経新聞)
posted by マキヤマ カズコ at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。