2010年04月13日

<チリ大地震>支援空振りで1800万円損失(毎日新聞)

 岡田克也外相は9日の記者会見で、2月のチリ大地震の際、緊急支援医療チーム派遣用に準備したチャーター機がチリ政府に断られて不要となり、キャンセル料が1800万円生じたと明らかにした。1月のハイチ大地震で支援が遅れたとの反省から迅速に対応した結果で、岡田氏は「慎重にすれば遅れる。今回は私の責任」と語った。政府は発生翌日の3月2日、チリ側から簡易病院建設の支援要請を受けて先発隊として医療チーム3人を派遣、本隊派遣に備えチャーター機を準備した。しかし翌日チリ政府から「必要なのは資材であって人ではない」と断られたという。

【関連ニュース】
ユネスコ:耐震補強法を世界で共有 情報網を構築
チリ津波:気象庁の対応、「適切」6割 東大地震研調査
気象庁:チリ津波「過大」発言…長官は「おわび不要」
チリ津波:地上職員避難で旅客機が立ち往生 仙台空港で
チリ:大規模な停電が発生 大地震で送電系統に障害か

白血病治療の「末梢血幹細胞移植」非血縁者間でも実施を準備(産経新聞)
ペット死体、業者が投棄…経営者の元町議逮捕へ(読売新聞)
寄付金税額控除は50%=社会福祉・学校法人にも適用を−鳩山首相(時事通信)
与党、会期延長を視野=重要法案成立に全力(時事通信)
「嵐」が日本の“顔”に 観光立国ナビゲーターに就任(産経新聞)
posted by マキヤマ カズコ at 03:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。