2010年01月20日

杉浦容疑者、5丁所持=許可更新時、妻ら「問題なし」−居酒屋発砲事件・大阪(時事通信)

 大阪府羽曳野市の居酒屋発砲事件で、大阪市職員杉浦泰久容疑者(49)=自殺=が事件に使ったライフル銃を含め計5丁の銃を所持していたことが13日、大阪府警への取材で分かった。
 銃所持の許可を更新する際には、家族や勤務先の上司らに暴力などの問題行動がないか警察署が聞き取り調査を行うが、事件に使われたライフル銃の更新では妻らは「問題行動はない」と回答していたという。
 府警によると、杉浦容疑者が所持許可を得たのは1993年4月が最初で、居酒屋で発砲したライフル銃は2003年9月に許可を得ていた。この銃は「FNブローニング」で、5連発できるタイプだった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
離婚めぐり逆恨みか=犠牲者は計3人に
居酒屋で男が発砲、3人死亡=義母ら撃つ、離婚トラブルか
警官がイノシシ射殺=車にひかれ逃走、2人軽傷
神戸、大阪で貴金属店襲撃か=強盗容疑で2人逮捕

小沢幹事長 土地購入問題で陳謝 違法性は否定(毎日新聞)
<治水>河川はんらん許容…有識者会議、政策転換検討で一致(毎日新聞)
「河野太郎総裁」なら離党しなかったかも(産経新聞)
張が先勝=囲碁棋聖戦(時事通信)
<蓮如>真筆の掛け軸など寺宝盗難、買い戻し公開へ 愛知(毎日新聞)
posted by マキヤマ カズコ at 00:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。