2010年02月10日

【新・民主党解剖】第3部 沈黙の帝国(中)小沢氏との距離、手探り(産経新聞)

 「いろいろと政治資金の問題で国民に心配と迷惑をかけたことをおわびする」

 民主党幹事長の小沢一郎の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、小沢の不起訴と、その元秘書ら3人の起訴が発表された翌5日、首相の鳩山由紀夫は衆院予算委委員会で、こう改めて陳謝した。

 鳩山の言葉は、前日に小沢が述べた「国民、同志に迷惑と心配をかけたことをおわびする」という言い回しとそっくりだった。鳩山は、実母から総額十数億円にも上る巨額の「子ども手当」を受け、秘書2人が起訴された事件も抱えている。党のトップとナンバー2を直撃した政治資金事件の沈静化は、政権の死命を決する大問題だ。

 その4日前の1日夜、国会近くのホテル。環境相の小沢鋭仁、官房副長官の松野頼久ら鳩山グループの中心メンバー数人がひそかに集まり、一連の事件への善後策を協議した。

 事件が小沢一郎本人に及んだ場合は、鳩山はどう振る舞うべきか。国民に、鳩山がリーダーシップを持って対処したと見せるにはどう演出すべきか−。

 「鳩山さんには、ペラペラと適当なことをしゃべらせないようにしよう」

 こんな意見も出た。鳩山と浮沈をともにする側近たちも必死で、何より恐れたのは小沢と鳩山の「共倒れ」だった。結局、最悪のシナリオは免れたものの、政権を振り回す小沢への微妙なしこりは残った。

 ■揺れと圧力

 小沢の元秘書で衆院議員の石川知裕が逮捕された翌日の1月16日。鳩山は首相公邸を訪ねて潔白を訴えたた小沢に対し、「どうぞ戦ってください」と検察当局との全面対決を応援してみせ、行政の長として不見識だと批判を浴びた。

 「ちょっと、口がすべっちゃったね」

 鳩山は後に周囲にこう漏らした。だが、その後も鳩山の言動は極端な小沢擁護に走ったり、「同志ではあるが、一蓮托生(いちれんたくしょう)という話ではない」(1月22日の衆院予算委)と突き放したりと、振幅が大きく、揺れる心境を表していた。

 「小沢一郎が倒れたら、鳩山も終わりだぞ」

 1月下旬、党参院議員会長の輿石東は鳩山側近にこう圧力をかけた。

 これは多数派を占める小沢一郎シンパの間でも「いざとなったら、鳩山は小沢を切るのではないか」という懸念はぬぐえなかった証左でもある。東京地検特捜部の捜査は、外部からは固い一枚岩に見える民主党に確実に亀裂を入れ、党内ではじりじりと神経戦が続けられていたのだ。

 28日に小沢を含む与党3党幹部が都内の料亭で会食した際には、輿石や党参院幹事長、高嶋良充ら親小沢派議員が検察批判を展開、「指揮権発動だ!」と気勢を上げた。社民、国民新両党の幹部や衆院側の民主党幹部は、満足そうに赤ワインを飲み干す小沢をただただ見つめるばかりだった。

 ■連合の戸惑い

 小沢との距離感をつかめず、戸惑うのは党最大の支持団体、日本労働組合総連合会(連合)も同じだ。

 小沢が不起訴となった4日、都内の日本記者クラブで記者会見を行っていた連合会長の古賀伸明は、事件への連合の対応方針をただされた。

 「民主党に適切な対応を図るよう求めていかなくてはならない、ということ以外コメントしようがない」

 古賀は、こんな歯切れの悪い回答をするしかなかった。一方で、小沢との今後のつきあい方を問われると俄然(がぜん)、冗舌になった。平成19年に参院選対策で小沢と一緒に1人区を行脚した経験を振り返ってみせた。

 「小沢さんには不思議な魅力がある。『なぜ小沢さんと話さないといけないのか』と言っていた地方の連合役員が、みんな小沢ファンになってしまう」

 連合内では、小沢に対する支持と不支持の思いが交錯しているという。

 この日、都内の労組事務所に連合傘下の産業別組合の政治担当者らが秘密裏に招集された。その場で連合本部が示した夏の参院選の情勢分析は、鳩山政権の現状に厳しいものだった。

 「鳩山政権は『政治とカネ』の問題を抱え、参院選での有権者の民主党への意識は極めて厳しいことが予想される」

 連合は昨夏の衆院選北海道5区で当選した民主党衆院議員、小林千代美陣営の公選法違反(買収の約束)事件で、連合北海道幹部の逮捕者を出している。「政治とカネ」の問題に普段より敏感にならざるを得ない。それが今回の政治資金事件への対応にも影を落としている。(敬称略)

【関連記事】
【新民主党解剖】第3部(上)沈黙の帝国「天の声」で消えた可視化議連
側近に圧力「小沢が倒れたら鳩山も終わり」
不起訴で「盛大な前夜祭」 民主党内の軽薄さと重苦しさ
「首相は小沢が決める」
日本が岩手県になっていく

首相、子ども手当の11年度以降満額支給に意欲(読売新聞)
<鳩山首相>小沢氏「責任論」区切り図る(毎日新聞)
生活保護に就労義務化 日本最多の大阪市、国に提案(産経新聞)
<火災>木造住宅全焼、男女2人が死亡 東京・練馬(毎日新聞)
<AED>日本光電工業が自主回収 米国製405台(毎日新聞)
posted by マキヤマ カズコ at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎日新聞社長らを書類送付 飯島勲元秘書官をめぐる名誉棄損 警視庁(産経新聞)

 小泉純一郎元首相の秘書官を務めた飯島勲氏の誤った発言内容を掲載し、名誉を傷つけたとして、警視庁麹町署は8日、名誉棄損の疑いで、毎日新聞社の朝比奈豊社長と当時の政治部長、担当記者の3人について、捜査結果の書類を東京地検に送付した。刑事訴訟法では、警察が告訴状を受理した場合、容疑性の有無にかかわらず、検察官に捜査書類を送ることになっている。

 捜査関係者によると、平成20年9月26日付の同社朝刊に掲載された小泉元首相の引退表明に関する記事中、飯島氏が「次期衆院選で小泉氏が応援しても小泉チルドレンは負けるだろう」と周辺に語ったとする誤った談話を掲載したとして、飯島氏が同年10月、同容疑などで警視庁に告訴していた。 毎日新聞は翌27日、「引退表明の数日前の談話を誤って引用した」として、談話部分の取り消しを発表していた。

 毎日新聞社社長室広報担当の話 「告訴を受けた警察は、その内容にかかわらず証拠などを検察官に送付すると規定されており、本社は今回の件が罪に問われるとは考えておりません」

【関連記事】
毎日新聞に100万円賠償命令 小泉元首相秘書官発言の報道で
ブログOK ネット選挙運動解禁素案が判明
報道用資料の記述は名誉棄損 角川側が勝訴
大相撲八百長訴訟 2審は賠償額を減額
講談社の賠償額を増額 貴乃花親方への名誉棄損控訴審

同志社大で出題ミス(産経新聞)
<朝青龍暴行問題>「被害届出さない」示談書 警視庁に提出(毎日新聞)
自民 参院選選挙区で2新人公認(産経新聞)
4億円不記載 「小沢氏の了承得た」石川容疑者が供述(産経新聞)
<ハーグ条約>米次官補、早期加盟を日本に求める(毎日新聞)
posted by マキヤマ カズコ at 11:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。