2010年01月20日

助け合い誓う小6「17日のカレー」胸に抱き(読売新聞)

 阪神大震災から15年の節目が来た。

 震災後に生まれた世代が自分の言葉で「1・17」をとらえ、伝えようとしている。いつも亡き家族を身近に感じながら育った子供たち。喪(うしな)った家族への思いは変わらない。

 「私には、会ったことのない兄と姉がいます」

 17日午前、兵庫県芦屋市立精道小で行われた追悼式で、遺族代表のあいさつに立った小学6年の米津(よねづ)英(はんな)さん(12)(さいたま市)は、何度も深く息を吸い込んでから、こう切り出した。

 一家のアパートは全壊し、精道小1年だった兄の漢之(くにゆき)君(当時7歳)と、姉の深理(みり)ちゃん(同5歳)がたんすの下敷きになり亡くなった。英さんと弟の凛(りん)君(7)は震災後の生まれだ。

 「最近、兄と姉がいてくれたらいいなと思うことがよくあります。学校での悩みなどを兄と姉なら話すことができると思うからです」

 英さんと凛君は、兄と姉のお下がりの服を着て、2人のおもちゃで遊び、いつも2人を身近に感じながら育った。

 「20歳になった姉なら勉強を教えてくれたり、ピアノの練習を見てくれたりしているでしょう。22歳の兄は弟と一緒に野球をして遊んだりしているでしょう」

 父の勝之(かつし)さん(49)と母の好子さん(47)は「夫婦にとって2人は幼いままですが、英たちの中では成長して大人になっているようです」と話す。

 「我が家では、毎月17日にカレーを食べます」

 兄と姉は震災の前日、初めてカレーを作った。翌日の晩ご飯のためだった。がれきの中から見つかった、兄が担任教諭と交わしていた「あのね帳」の最後のページには、〈あした、たべるのがたのしみです〉と書き残されていた。

 「カレーを食べる時、震災がどんなにひどかったのか、人と人が助け合うことの大切さを改めて兄と姉が私に語りかけてくれていると思います。大人になっても毎月17日にカレーを食べ続け、兄と姉のこと、震災のことを語り継いでいこうと思います」

 しっかりした口調で追悼の言葉を述べた英さん。勝之さんは「震災を語り続ける役目は、この子たちが引き継いでくれるでしょう」と静かに見守っていた。

芥川賞は該当作なし(産経新聞)
24日に住民と意見交換=八ツ場ダム中止問題で−前原国交相(時事通信)
診療報酬改定の課題、月内に取りまとめ―民主議連(医療介護CBニュース)
<訃報>双葉十三郎さん99歳=映画評論家(毎日新聞)
雷保護装置 発煙・発火で152万個リコール(毎日新聞)
posted by マキヤマ カズコ at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

杉浦容疑者、5丁所持=許可更新時、妻ら「問題なし」−居酒屋発砲事件・大阪(時事通信)

 大阪府羽曳野市の居酒屋発砲事件で、大阪市職員杉浦泰久容疑者(49)=自殺=が事件に使ったライフル銃を含め計5丁の銃を所持していたことが13日、大阪府警への取材で分かった。
 銃所持の許可を更新する際には、家族や勤務先の上司らに暴力などの問題行動がないか警察署が聞き取り調査を行うが、事件に使われたライフル銃の更新では妻らは「問題行動はない」と回答していたという。
 府警によると、杉浦容疑者が所持許可を得たのは1993年4月が最初で、居酒屋で発砲したライフル銃は2003年9月に許可を得ていた。この銃は「FNブローニング」で、5連発できるタイプだった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
離婚めぐり逆恨みか=犠牲者は計3人に
居酒屋で男が発砲、3人死亡=義母ら撃つ、離婚トラブルか
警官がイノシシ射殺=車にひかれ逃走、2人軽傷
神戸、大阪で貴金属店襲撃か=強盗容疑で2人逮捕

小沢幹事長 土地購入問題で陳謝 違法性は否定(毎日新聞)
<治水>河川はんらん許容…有識者会議、政策転換検討で一致(毎日新聞)
「河野太郎総裁」なら離党しなかったかも(産経新聞)
張が先勝=囲碁棋聖戦(時事通信)
<蓮如>真筆の掛け軸など寺宝盗難、買い戻し公開へ 愛知(毎日新聞)
posted by マキヤマ カズコ at 00:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。