2010年01月21日

小沢氏宅前に火炎瓶?男、機動隊員に体当たり(読売新聞)

 15日午前3時10分頃、東京都世田谷区深沢の小沢一郎・民主党幹事長宅前の路上で、液体の入った瓶を持った男がいるのを、警戒中の警視庁機動隊員が発見した。

 職務質問に対し男が「小沢に会わせろ」などと叫び、瓶に火をつけようとしたため制止したところ、機動隊員に体当たりしてきたため、男を公務執行妨害容疑の現行犯で逮捕した。当時、小沢幹事長は不在だったという。

 同庁幹部によると、男は大田区大森南、塗装業津久井寛幸容疑者(40)。右翼団体の構成員を名乗っており、同庁が詳しい動機を調べている。

公立小給食費、初の月4000円台=米飯は週3.1回−文科省調査(時事通信)
【中医協】10年度診療報酬改定を諮問−長妻厚労相(医療介護CBニュース)
次期通常国会への提出法案を説明−厚労省政策会議(医療介護CBニュース)
センター試験2日目始まる=札幌などで開始繰り下げ(時事通信)
橋下知事、空港をどうするか「僕が決めることができる」(産経新聞)
posted by マキヤマ カズコ at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<フォルクスワーゲン>2車種リコール 燃料漏れの恐れ(毎日新聞)

posted by マキヤマ カズコ at 15:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

助け合い誓う小6「17日のカレー」胸に抱き(読売新聞)

 阪神大震災から15年の節目が来た。

 震災後に生まれた世代が自分の言葉で「1・17」をとらえ、伝えようとしている。いつも亡き家族を身近に感じながら育った子供たち。喪(うしな)った家族への思いは変わらない。

 「私には、会ったことのない兄と姉がいます」

 17日午前、兵庫県芦屋市立精道小で行われた追悼式で、遺族代表のあいさつに立った小学6年の米津(よねづ)英(はんな)さん(12)(さいたま市)は、何度も深く息を吸い込んでから、こう切り出した。

 一家のアパートは全壊し、精道小1年だった兄の漢之(くにゆき)君(当時7歳)と、姉の深理(みり)ちゃん(同5歳)がたんすの下敷きになり亡くなった。英さんと弟の凛(りん)君(7)は震災後の生まれだ。

 「最近、兄と姉がいてくれたらいいなと思うことがよくあります。学校での悩みなどを兄と姉なら話すことができると思うからです」

 英さんと凛君は、兄と姉のお下がりの服を着て、2人のおもちゃで遊び、いつも2人を身近に感じながら育った。

 「20歳になった姉なら勉強を教えてくれたり、ピアノの練習を見てくれたりしているでしょう。22歳の兄は弟と一緒に野球をして遊んだりしているでしょう」

 父の勝之(かつし)さん(49)と母の好子さん(47)は「夫婦にとって2人は幼いままですが、英たちの中では成長して大人になっているようです」と話す。

 「我が家では、毎月17日にカレーを食べます」

 兄と姉は震災の前日、初めてカレーを作った。翌日の晩ご飯のためだった。がれきの中から見つかった、兄が担任教諭と交わしていた「あのね帳」の最後のページには、〈あした、たべるのがたのしみです〉と書き残されていた。

 「カレーを食べる時、震災がどんなにひどかったのか、人と人が助け合うことの大切さを改めて兄と姉が私に語りかけてくれていると思います。大人になっても毎月17日にカレーを食べ続け、兄と姉のこと、震災のことを語り継いでいこうと思います」

 しっかりした口調で追悼の言葉を述べた英さん。勝之さんは「震災を語り続ける役目は、この子たちが引き継いでくれるでしょう」と静かに見守っていた。

芥川賞は該当作なし(産経新聞)
24日に住民と意見交換=八ツ場ダム中止問題で−前原国交相(時事通信)
診療報酬改定の課題、月内に取りまとめ―民主議連(医療介護CBニュース)
<訃報>双葉十三郎さん99歳=映画評論家(毎日新聞)
雷保護装置 発煙・発火で152万個リコール(毎日新聞)
posted by マキヤマ カズコ at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。